前へ
次へ

歯医者が多い理由は一体何か

日本中にはたくさんの歯医者があります。国内だけで60000以上の歯医者があるとされていますが、なぜこのようにたくさんあるのでしょうか。これに関しては、他の美容院等と比べてみると意外と少ないことがわかります。病院は日本中で240000店舗あるのに対し歯医者はその4分の1しかありません。このように考えれば、たいして多くないことがわかります。とは言え、他の病院などに比べると圧倒的に多い傾向があるでしょう。例えば、皮膚科などに比べると歯医者の数の方が2倍以上多い傾向にあります。これは、医学部を卒業して資格を取得するよりも、歯医者の資格を取得する方が簡単だからといえます。もちろん簡単といっても、そもそも歯学部に入学している時点でそれなりの学力があるため、限られた人の中で試験を行い、その中で合格を競うため簡単に感じられるだけです。また、世の中には羽野歯の治療を必要としている人も少なくありません。そのような需要があるからこそ数も多いと言えるでしょう。

Page Top